この緊張社会

2013年6月5日手記

先の投稿に食べログ担当者さんからの返信を投稿しました。こんなちっぽけなお店にもしっかりと対応する姿勢は、いつもながらすごいなと思います。あ、「しっかりと対応」というのは私が納得しているという文脈ではありませんよ!対応マニュアルがあるにせよ、ないにせよ、きちんとお返事が頂けるようになったのはよかったです。

・・・・・・・・・・

先日、乙武氏がイタリア料理店で入店拒否をされたという記事を読みました。私はネットニュースの情報だけなので、皆さんと同じ情報量です。その内容だけでは詳しく分かりませんが、「車椅子だったから入店拒否をされた」と大きく取り上げられているように思いました。乙武氏は事前にお店へ自身が車椅子であることを伝えていなかった事を認めた上で、対応が冷たくて残念な思いをしたからネット(Tweet?)に書き込みをされました。投稿動機には、「他の車椅子ユーザーが同じような気持ちにならないように」とあったと思います。

・・・・・・・・・

飲酒運転が厳しく取り締まられる様になって久しいです。飲酒運転が厳罰化されたり、飲酒運転を伴う悲惨な交通事故が繰り返されているさなかでも、やはり、クルマに乗ってきて飲酒運転をする方が見えます。イルピアットでも例外でなく、クルマの運転有無を尋ねても嘘をつかれることもあります。そうした嘘を確認した際には、次からのご入店はお断りしています。時には、バイクでお越しになってワインを注文されたので「バイクは引いて行くんですか?」と尋ねたら「いえ、乗って帰ります」と言う方も見えました。もちろん、お酒は出しませんでした。

・・・・・・・

お店をご利用の方皆さんに、どういう手段で起こしになるのかを尋ねることはありません。イルピアットが郊外ではなく街にあることや、公共交通機関やタクシーが発達していることなどから確認をしていません。同時に、車椅子や松葉杖などでのご来店などもこちらからご確認のお話をしていません。イルピアットはとても小さなお店なので、そうした前情報を獲得しておいて頂きたいのですが、それもむつかしい場合があります。この意味でいうと、多くの方に利用されている食べログはお店の情報発信として有効な面を持っていると思います。

乙武氏は美味しいという評判を耳にしてご利用を決めた旨を示していました。お店の情報として、二階にあることやエレベーターが停まらない事を知らなかったのだと思います。お店はシェフと見習いの子だけで回している事も知らなかったのだと思います。予約当日、乙武氏は「持ち上げてください」とお願いしたと言っています。それをお店は断って、入店拒否になってしまった。お店は「事前に車椅子だと伝えてくれていればきちんと対応させて貰いました」と悔しさを滲ませています。

この乙武氏とお店とだけのやり取りなら、当事者だけで話して解決もできたでしょう。ではなぜ、乙武氏はネットに書き込みをしたのでしょうか?「同じような気持ちになる人を減らすため」と言ってお店の名前を公表されていますが、「同じ気持ちになる人」という文脈は「そのお店に来店する車椅子利用者」なのか、「全ての車椅子利用者」なのか定かではありません。店名公表をすることで(言い方は悪いですが)お店をスケープゴートにして社会的にバリアフリーを促す狙いがあるのでしょうか。

真意は分かりませんし、ネットニュースにある情報だけで私は話しています。

いつから社会はこうした緊張関係になってしまったのでしょうか。乙武氏が「残念な気持ちを繰り返させない為」として公表した事に、私は緊張を覚えます。乙武氏は他の人のためにと言って、店名を公表しました。私はそういう表現が(誰であろうと)嫌いです。食べログの投稿動機のひとつには、この「知らない誰かのため」という「失敗しないための店選び」があります。こんな「誰かの為」なんて、私はウソだと思っています。

乙武氏はなぜ、「入店拒否られてムカついた!」とだけ書き込めなかったのでしょうか。店名を公表するためには大義名分が必要だったのかも知れません。「他人への気遣い」を大義名分に設定することが、私は大嫌いです。他人への気遣いを言えば社会的に支持されるブームみたいなことは、もう辞めにしましょう。本当の気遣いが疑われてしまう。

乙武氏が本当の意味で「他者のために」と行動したなら、先ずはお店ときちんと話すべきでした。その上で、お店が分からんチンならば「こんなことがあった」と公表するのは仕方ないかも知れません。そうした時でも、店名公表には慎重であるべきだと考えます。乙武氏は自身がある程度の影響力を持った存在だと知っているのですから、自身の投稿には慎重であって欲しいと思います。

お客さまがどのような手段でお越しになるのかを尋ねても嘘を言われることがあれば、きちんと確認すればしたで慇懃(いんぎん)無礼になると心配してしまいます。イルピアットは明記してお知らせしているご利用料金がありますが、ごく稀に「先に言ってくれれば良かった」とお返事を頂く事があります。先にお話すると不愉快になる方が殆どなんですよ、とは流石に言えません。

私は社会が優しくないことを知っています。そして多くの場合、没落する様を喜んで鑑賞したがる傾向があることも知っています。乙武氏が公表したお店には批判が殺到したとのこと。気分で批判している人間もいると思いますし、真剣に取り組もうと批判を寄せた人もいるでしょう。そのお店に謝罪をさせることが目的になった時点で、何か見直す必要があるのじゃないかと思いました。