立呑テーブルを解体して本棚を作りました。

2020年1月28日イルピアット・ニュース

先週の金曜日夜から、立ち飲みテーブルを外してカウンターを配置しました。どんな風にご利用されるのかを見定めてから、きちんとカウンターを仕上げようと考えていました。みなさん、非常に有効な印象でした。私はそれを確認して、これまでの立ち飲みテーブル撤去を決めました。

月曜日の定休日。1月27日の朝から紙屋川でカウンターの仕上げ作業やらを始めました。立ち飲みテーブルを分解・解体して「木材」へと変えました。きちんと使えるようにしなくてはならず、骨が折れました。もう二度とやりたくないです。

何度も材料を見つめて考えました。その結果に導かれた本棚の寸法。カットした材料も棚受けにするなどして工夫しました。歪みのない、頑丈な本棚を作りました。立ち飲みテーブル天板は、スツール上部に結合して立食用テーブルに仕立てました。普段はこれをサイドテーブルとPCテーブルとして事務所で活用します。

カウンターを新調した事に加えて、テーブルもサイズアップする事に決めました。早速、発注してサクッと組み立てました。テーブルサイズが大きくなり、テーブル下に棚もあります。お忘れ物にご注意ください。

立食テーブルと本棚と新調テーブルです。どれも使い勝手が良いです。いい感じです。

事務所の本を早速、本棚に整頓。続いて、サイドテーブルも配置。PCテーブルも位置が決まりました、

ロッキングチェアも健在です。ファイルや資料などはまた後日に整理しようと思います。

こんなに時間がかかるとは。

しかし、格段と利用しやすくなりました。

イルピアット紙屋川でお待ちしています。